プロフィール

神野眞由美(カミノマユミ)

幼少の頃からナイチンゲールに憧れ、ナイチンゲールの本のコレクションをする子供に育つ。看護学生時代は特に終末期看護に惹かれ、将来はホスピスのナースになろうと思い描く。卒業後は国立病院の外科病棟で激務をこなしながら多くの患者さんを看取る経験をする。またその頃正常分子栄養学に出会い、食と身体の関係に興味を持ち学び始める。結婚、
出産をきっかけにますます食の大切さを実感し、マクロビオティックに興味を持ちはじめる。
自宅にて約7年間マクロビオティックをベースにした天然酵母パン教室を運営。
東京のマクロビオティックスクールに通いながら、マクロビオティックのクッキングクラスも開催するようになる。
また望診法の恩師がきっかけで官足法を知り、2009年より東京国立にあるKMR式官足法療法院で資格取得のためのトレーニングをスタートし講師となる。
2010年4月より仙台支部として活動をはじめサロンもオープンするも、東日本大震災後のオーストラリア移住をきっかけに日本での活動は一旦休業し、約6年半オーストラリアで普及活動に励む。
2011年から12年にかけてはバリ島でハンドヒーリングのレイキを取得。2016年には、
米国教育省SWIHA認定のトゥーリーダーになる。2017年オーストラリアでサウンドヒーリングに出会い、想像を超える癒しと変容を体験し、同時に学びをスタートする。
同年12月に本帰国し、日本での活動を再開する。
2018年1月、ニューヨークにてフィボナッチプロセス の創始者Ron Laplaceよりフィボナッチ音叉ヒーリングと、Acutonics社のチューニングフォークによるサウンドヒーリングを学ぶ。


<これまでの学びで根底にあること>

マクロビオティック(KIJ認定 マクロビオティックアドバイザー資格取得)

望診法

薬膳

シータヒーリング


<現在は主に>  

KMR式官足法 フットマッサージ 

腸マッサージ 

レイキ 

トィリーディング 

音叉 サウンドヒーリング 


 を提供するセラピストとして活動中