anko

記事一覧(4)

Fibonacci Healing +総合セッション

Acutonics(アキュトニクス)は、アメリカのニューメキシコにあるAcutonics Institude of Integrative Medicine Acutonics総合医療研究所による音叉を使用したヒーリングのことです。フィボナッチプロセスは、その中でRon Laplace氏だけが教えることができるエレクティブクラスの一つになります。 (このフィボナッチプロセスを教えることができる現在は世界で唯一の創始者のRon だけです)2017年にサウンドヒーリング、音叉ヒーリングに出会い、私自身に思いがけない大きな氣づきと想像を超えた癒しが起きました。そして、目に見えない大きな流れに突き動かされるように学び、オーストラリアで音叉ヒーリングのセッションを何度もさせて頂いておりましたが、 クライアントさまの様々な反応と変化に驚き、戸惑い、感動し、もっともっと深く知りたいと思うようになりました。

そしてたくさんの縁に導かれ、音叉では世界最高レベルのアキュトニックスを米国のニューヨークで学ぶことになりました。そして出会った「フィボナッチプロセス」。 これは古代アトランティス時代から受け継がれる叡智で、フィボナッチ数列の周波数の音叉を、奇経八脈という8つの経脈のツボに当てていくのがこのフィボナッチプロセスです。 その音と振動・・・波動が、私たちの細胞にあるGreat Void (偉大なる空)エゴも何もない生命の根源・・・(わたしの解釈では無、悟り、かな)の部分を目覚めさせます。 
その中の一つに8つの原型細胞というものがあり、このフィボナッチプロセスによって、この8つの原型細胞の中にある、魂の青写真(ブループリント)にアクセスし、活性化することが出来ます。 この8つの原型細胞は、私たち誰もの身体の周りにあるエネルギーフィールドの神聖幾何学のスターテトラヒドロン(星形二重正四面体・別名マカバ)に関連していてます。スターテトラヒドロンのポイントは8つあり、
8つの原型細胞と関係しています。これは8つのチャクラシステムとも密接に関係しています。(ちょっと難しいよね...)創始者のロンはフィボナッチヒーリングの代表的ないくつかのベネフィットを、以下のように挙げています。全エネルギーシステム(経絡、チャクラ)のバランスを整える。魂の青写真(ブループリント)にアクセスすることによって、身体的、精神的、感情的なトラウマを癒す。 すでに役にたたない古い習慣や思考、パターンなどを完了させ癒す。アカシックレコードへのアクセス。私たちが宇宙の源と同調し、魂本来の目的の道へと進む、本来の自分に還る、思い出すことを促す。さらにわたしの言葉で解釈するなら、愛と感謝の状態に還る、そしてある... です。これは様々な時代、世代、次元を超えた大きな大きな癒しです。  まずはただただ流れる音や振動の波に身体を預けて、浮かんでくること、見えてくる景色の一瞬一瞬をただ感じて頂きたいと思います。現在はオームフィボナッチと、ウォーターフィボナッチ(感情に深くアクセスし、浮き上がらせて癒すとされる)の2種類がございます。初回はオームフィボナッッチでのご提供になります。   <セッションの流れ>   1 カウンセリング    現在のお身体と心の状態、セッションの目的、ご希望などお伺いします。      2 ベッドに移動 

  まずは場の浄化とヒーリングから始めます。

    ⑴ うつぶせ寝
   (変更の可能性あり)     足裏、首から背骨に沿って、仙骨への音叉ヒーリング 。      必要に応じてその他のヒーリング           ⑵ 仰向け       フィボナッチヒーリングとその日の体調や目的に合わせた音叉を使ったヒーリング   (アキュトニックスの惑星の音叉を経絡に沿ったツボ、奇経八脈に当てていきます)       ⑷ 必要な場合は、腸マッサージ (着衣のままタオルの上から行うマッサージです)    神門マッサージ、レイキヒーリングなどその時に合わせたヒーリング      ※男性のお客さまには変更の可能性あり         ⑸ グラウンディングのための音叉


         終了 フィボナッチ プロセスは、奇経八脈という手と足の経穴(ツボ)音叉を数秒当てていきます。その音叉の周波数は、音叉を変えるごとに低いものから高いものへと変わっていき、最後の方はほとんど振動を感じないものになります。セッション中は眠ってしまわれる方が多く、終了後は少しぼんやりする方もいらっしゃいますので、お時間に余裕を持ってお出かけください。また服装はリラックス出来るもの、なるべく厚みのないものでお願いしております。必要な場合はお着替えをお願いすることがございます。またご自身でお着替えをお持ちくださっても結構です。尚、提供させて頂くセッションは医療行為ではなく、効果を確証するものではございません。 また稀に一時的に好転反応(デトックス反応)といわれる調整のための症状が出ることがございます。

眠気、だるさ、風邪のような症状、目眩、頭がぼーっとする、感情的になる(涙が出る)、イライラする、目が冴える、トイレの回数が増える など。 このような症状は2〜3日から数週間で落ち着くことがほとんどですが、期間や程度は個人差がございますことをご了承ください。全く出ないこともあります。

(私は不快な身体的な症状は今まではほとんどありませんでした)  

Toe ReadingとFibbonaci Healing +総合セッション

足指からあなたの人生のテーマを読み解き、セッションの意図を導きます。フィボナッチ音叉ヒーリング、ソルフェジオの周波数を中心に音のシャワーを浴びて頂くセッションです。2016年1月に米国SWIHA認定トゥーリーダーの認定を受ける事が出来ました。たくさんの人の足を診させて頂くようになってから、足には身体からのメッセージだけではなく、心の状態も表していることに気がついていきました。 そして、足からのメッセージをもっと深く聞きたいと思うようになりました。 
そして出会ったToe readingという世界。 トゥリーディングは、KCミラーという女性が数万人という足を読んだ末にそれを体系化したもので、ひとり一人の足の指の色や形や向きに、現在、過去、魂の象徴的、比喩的メッセージが現れると捉え、それを質問という形で紐解いていくものです。(占いではありません)愛と思いやりが大前提で進められていくセッション。 足指からのメッセージを通して、心、身体、魂が癒され、変容と促されていきます。 
心をオープンにして自分の可能性を広げていくために、そして本当の真実を思い出すために、足指からのメッセージをともに聞いてみませんか? このセッションは、最初にトゥーリーデングを行うことで、よりスピーディに抱えている問題にフォーカスすることが出来ます。
足指から表面化したことをヒントに、ともにフィボナッチセッションの意図を考えていきます。  本気で人生を変えていきたいと思っている方、長年抱えている問題を解決したいと思っている方 などに、おすすめするセッションです。何か心に詰まっているものを知りたい、悩みや困難を乗り越えるためのアドバイスが欲しい、自分が進むべき道を探したい、人生をより良い方向にチェンジしたい、ココロとカラダを癒したい、などなど。

未来に向かって力強く、自分らしく軽やかに歩み出したい人たちへ。  

官足法 Foot massage と 音叉療法

30代前半から、食を通じてその人が本来の健康的な身体に戻っていけるお手伝いを中心に活動していましたが、望診法の恩師とのきっかけで官足法を知り、2009年より東京の国立市にあるKMR式官足法のトレーニングを受け、仙台支部第一号の講師の認定を受けました。すぐにサロンの営業を開始しましたが、2011年の震災後のオーストラリアへの移住により、2017年の12月までの約6年半はオーストラリアで活動していました。これまで本当に沢山の方に官足法の素晴らしさをお伝えする機会を頂き、効果を実感して頂いております。これは日本人だけではなく、一部の西洋人の方にも受け入れて頂けるものでした。各臓器は感情、心とも繋がっています。その証拠として、身体の不調だけでなく心の安定を取り戻される方も多くいらっしゃいました。「官足法」とは中国2000年前から伝わる反射区法で、台湾出身の官有謀先生が血液循環理論を基に考案した、神経経路・リンパの流れを活性化させる「足もみ健康法」です。足は第二の心臓とも言われ、足裏や甲には全身に関わる反射区があり、足を刺激することによって全身の細胞を活性化させます。よって身体の不調の原因となる身体に蓄積した毒素の排除活動が活発になります。個人差はありますが、人によっては毒素が排泄されるときに不快な症状が出ることがあります。重大な病気を抱えていなくとも、日々抱える小さな体調の不調は蓄積している毒素によるもので、多くの方が施術後になんらかのデトックス反応を経験されることが多いです。例えば、眠気、だるさ、頭痛、胃痛、吐き気、下痢、尿の回数が増える、尿の色や臭いが変わる、体臭がキツくなる、発汗、揉まれた場所が痛む、内出血、発熱、湿疹 など。施術中にきちんと説明をさせて頂きますのでご安心ください。さらに官足法の施術後には、体調に合わせての音叉療法を15分程度行いますので、さらにパワフルに、スピーディーに身体が活性化して修復に向かいます。(本格的な音叉療法は別メニューになります)                                   2019年6月