Fibonacci Healing +統合セッション

Acutonics(アキュトニクス)は、アメリカのニューメキシコにあるAcutonics Institude of Integrative Medicine Acutonics総合医療研究所による音叉を使用したヒーリングのことです。


フィボナッチプロセスは、創始者であるRon Laplaceが開発したメソッドで、古代アトランティス時代から受け継がれる神聖幾何学をベースにした古代の叡智のフィボナッチ数列の周波数の音叉を、奇経八脈という8つの経脈のツボに当てていくものです。

その音と振動が、私たちの細胞にあるGreat Void (偉大なる空)エゴも何もない生命の根源の部分を目覚めさせます。

そのVoidの一つに8つの原型細胞というものがあり、このフィボナッチプロセスによって、この8つの原型細胞の中にある、魂の青写真(ブループリント)にアクセスし、活性化することが出来ます。

この8つの原型細胞は、私たち誰もの身体の周りにあるエネルギーフィールドの神聖幾何学のスターテトラヒドロン(星形二重正四面体・別名マカバ)に関連していてます。スターテトラヒドロンのポイントは8つあり、 8つの原型細胞と関係しています。これは8つのチャクラシステムとも密接に関係しています。

創始者のロンはフィボナッチヒーリングの代表的ないくつかのベネフィットを、以下のように挙げています。

・全エネルギーシステム(経絡、チャクラ)のバランスを整える。

・生まれる前から決めてきた、魂の設計図にアクセスする。

・身体的、精神的、感情的なトラウマを癒す。

・すでに役にたたない古い習慣や思考、パターンなどを完了させ癒す。

結果、私たちが宇宙の源と同調し、自然にバランスを整え、魂本来の目的の道へと進む、本来の自分に還る、思い出すことを促し、ありのままの自分で人生をより良く創造していくことができます。

これは様々な時代、世代、次元を超えた大きな大きな癒しです。

まずはただただ流れる音や振動の波に身体を預けて、浮かんでくること、見えてくる景色の一瞬一瞬をただ感じて頂きたいと思います。

現在はオームフィボナッチと、ウォーターフィボナッチ(感情に深くアクセスし、浮き上がらせて癒すとされる)の2種類がございます。初回はオームフィボナッッチでのご提供になります。

  




フィボナッチヒーリングは、奇経八脈という手と足の経穴(ツボ)音叉を数秒当てていきます。その音叉の周波数は、音叉を変えるごとに低いものから高いものへと変わっていき、最後の方はほとんど振動を感じないものになります。

セッション中は眠ってしまわれる方が多く、終了後は少しぼんやりする方もいらっしゃいますので、お時間に余裕を持ってお出かけください。

また服装はリラックス出来るもの、なるべく厚みのないものでお願いしております。必要な場合はお着替えをお願いすることがございます。またご自身でお着替えをお持ちくださっても結構です。

尚、提供させて頂くセッションは医療行為ではなく、効果を確証するものではございません。 また稀に一時的に好転反応(デトックス反応)といわれる調整のための症状が出ることがございます。 眠気、だるさ、風邪のような症状、目眩、頭がぼーっとする、感情的になる(涙が出る)、イライラする、目が冴える、トイレの回数が増える など。 このような症状は2〜3日から数週間で落ち着くことがほとんどですが、期間や程度は個人差がございますことをご了承ください。全く出ないこともあります。 (私は不快な身体的な症状は今まではほとんどありませんでした)


まずはただただ流れる音や振動の波に身体を預けて、浮かんでくること、見えてくる景色の一瞬一瞬をただ感じて頂きたいと思います。


現在はオームフィボナッチと、ウォーターフィボナッチ(感情に深くアクセスし、浮き上がらせて癒すとされる)の2種類がございます。初回はオームフィボナッッチでのご提供になります。

  

  

Future Wings

Natural Flow Medicine からだがかわる こころがらくになる

0コメント

  • 1000 / 1000